POMO丼
2009/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/04


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/03/31(火) 21:38
本の選び方
信じて買った本がつまらない。


それでも、もう少し読んだら面白くなるかもしれない。

ここであきらめてその後面白かったらそれこそ腹が立つ。

と気力を奮い立たせ最後まで信じてみる私。



で、たいてい裏切られるわけです。



大事な金と時間、今すぐ返さんかいっと髪が逆立つほど怒れる。



しかし、買った自分が悪いわけで。

書店のポップを信じた私が悪いわけで。

でも読みたいわけで。



そんな迷えるラムちゃんこと私の最近の探し方。


まず、数あるブックレビューのブログから自分と趣味の似ている人を探し出す。

その人がベストにあげている本を信じて読んでみる。



なんという事でしょう。


もうばっちり



久しく口惜し体験せずにすんでおります


もっと早くこうすりゃ良かった。ぐすん。。



とはいえ、好みがばっちり合う方は少なく、またすでにベストを読み尽くてしまいそう。



なので世の中の皆さんに、どんどんおすすめの本を紹介していただきたいエイプリルフールイブの夜です。










スポンサーサイト

コメント:7 トラックバック:0

2009/03/28(土) 18:47 未分類
mixiってやつは…。
かつて私は「mixi」に日記を書いていた事もありました。


あまり会う機会がない友達の近況を知る事もできるので、なかなか便利で素敵だと思っていたわけです。



しかし、ある日。


同じ中学校出身の子からコメントが入りました。


その日は地元の親友たちとみんなで集まってバーベキューをしたという日記でした。


「同じ中学の○○です。やだ~!みんなで集まるなら教えてよ。今度は絶対に連絡ください。」



・・・・・。



誰かわからない・・・。



結局、私のマイミク(友達)の友達つながりでやってきていたので聞いてみると

「○組だった○○だよ。私も話したことないけど友達申請されたから・・・」

との事。


もちろん私も話した事はなく、名前を聞いてもわからないのです。



それからというもの、中学時代の友人と会ったという日記を書こうものなら


「どうして教えてくれないのっ???!!!」のメッセージが連続で書きこまれるのです。



メンドクサイ・・・。 


そして久々に今日mixi見てみたらまたメッセージが。




なんだかな~


話した事もないのになぜだ。と問い詰めたいけどその気力もない脱力の土曜です。





コメント:4 トラックバック:0

2009/03/24(火) 21:01 悪童日記
悪童日記2歳 ~やめておけば?編~
2歳の甥っ子と「バスごっこ」をしとりました。


私が「運転手さん」でフローリングに座り、甥っ子が「客」です。


彼は座ると座面からプピィ~と音が出る子供用のイスに座って、空想の空中乗降ボタンを激しく押すのに必死です。


運賃を払わず乗り逃げしようとする甥っ子をとっ捕まえたり、こちらもばっちり大人用の運賃を要求したりと、我らは白熱した運行を楽しんでおりました。



途中で


「うんてんしゅしゃんがやりたい」と言ったので


「いいよ。」と振り向きざまに答えたところ、彼のプピィ~のイスが目に入りました。



一瞬、


私が客となるとこれか・・・。これはお尻が入るかな?


と立ち上がりながら0.5秒ぐらいの間に頭をよぎった、その時です。






「やめておけば。」





???!!!



彼の言葉は何に対してかはわからないものの、


偶然とはいえ、なんちゅうタイミングだ。と苦笑い。



そして一応、「何が?」と聞いてみました。






ぬけなくなるから、したにすわれば?




ドンピシャだぜ。




どうしてわかった?

そしてなぜ、そんな時だけ赤ちゃん言葉が抜けるのだっっ?!



こんなに何でも話せるくせに、基本的な事で会話が成立しない時も多々ありで、「こいつ、わざとやってんのか?」と訝る毎日。





こんな時はYouTubeの「特訓するネコ」を見て癒されようと決めた火曜の夜です。











コメント:4 トラックバック:0

2009/03/20(金) 17:51
私の原点、『はてしない物語』
小さい頃から本は好きでしたが、怖いぐらいドキドキした初めての本がこれ。


はてしない物語」 ミヒャエル・エンデ作

はてしない物語

(画像久々に貼ってみた~!思ったよりでかい~!直すのめんどいからそのまま~!)


小学校の図書室で借りたハードカバー。

上記の写真は本のケースで、実際はあかがね色の装丁。

そして中身は二色刷りとなっているのです。


現実世界の部分は「あかがね色」で、本の中のファンタージエン国の話は「緑色」となっており、夢中になって入り込んでいる私は、色が変わるたびに映画の場面が切り替わったかのような気分になって、読み進めたものです。


そしてこの装丁こそが、主人公が読んでいる本の装丁と一緒なのです。



昨日、久しぶりに何気なく手にとって読み始めたら面白い。


児童文学侮るなかれ。


本の中の世界「ファンタージエン国」のザサフラニール族は、生まれたときは年寄りで、赤ん坊になると死ぬ種族と書いてあり、ブラピの「ベンジャミン・バトン」を思いだしたりします。



甥っ子が小学生になったら絶対読ませたい1冊です。


とはいえ、たまには大人も読んでみてはいかがでしょうか。





昔、映画化された「ネバーエンディングストーリー」の主題歌をクラスのあほな男子が替え歌にして歌っていたな~と思いだしてしまい、気がつくと口ずさんでしまっている春分の日です。

 ソープランド、気持がいいぃ~~~
その当時、ソープランドが何か分からずマネして歌ってました。












コメント:6 トラックバック:0

2009/03/18(水) 20:05 未分類
当初の予定
ブログを始めるにあたり、当初の予定では


「読んだ本の感想」「作った料理の写真」などを中心にしようと考えていたわけです。


今考えると、あまりの見通しの甘さにへそがお抹茶たてます



皆さんのブログを見ると、写真をさくっとアップされていますが、


よくこんな面倒な事を…。と平伏します。


だいたい撮るのもメンドクサイのに、画像縮小して保存して張るなんて・・・。


すごいな~、ほんと。


普段の生活態度からしてきちっとしているのだろうと勝手に尊敬します。


そういう事を面倒だと思わなくなったら、なんだか変われる気がする。




写真が必要な記事は避けているので、そこさえ変われば載せたい事がたくさんあると気づいてしまった水曜の夜です。











コメント:6 トラックバック:0

2009/03/14(土) 21:48 未分類
ホワイトデーでした。
ホワイトデーだったんですね。今日。


バレンタインも相方ちゃんには当日会ったにもかかわらず忘れていた私。


ま、後日渡しましたけど。


いまさらながら、わたくし思いますけれども


手作りチョコって絶対に無いわ~


だいたい板チョコ買ってきて、それを溶かしてまた固めるて・・・。


意味ないじゃん。


ならばブラウニーやチョコケーキ作った方がいいな~。と個人的に強く思うのです。


しかし周りの男性陣に言うと、

「ケーキよりチョコがいいな~」との事。


なるほどね。こういう意見が女子達に板チョコを溶かして固めさせるわけですね。

愛、ですな。


そして今日相方ちゃんに、無類のB級ラングドシャ(クッキーみたいなもの)好きの私は、各メーカーのラングドシャ詰め合わせ袋をもらいました。

こんだけ集めるの大変だったろうな~と思うほどの量で、全部食べ終えたときにはラングドシャ嫌いになりそうな・・・

いっいやいや  そんなことはない。

一気に食べずにゆっくり食べればなんとか・・・(汗)

甥っ子にあげれば喜ぶし、少しは言うこときくかも?

でもせっかくいただいた物をあげていいのかしら・・・。



この愛をたっぷり感じるお返しにとても喜びを感じつつも、少し胃腸のむかつきも覚える土曜の夜でございます。













コメント:0 トラックバック:0

2009/03/11(水) 21:35 悪童日記
悪童日記2歳 ~ご、ごめ・・・編~
今日も悪童日記となります。


ついさっきの話。


怒られて逆ギレし、ママを突き飛ばした甥っ子。


「ごめんなさいが言えない子はもう知りません。」と


無視されてました。


でも、仲直りがしたくてママの後をついてまわり、抱きつきます。


ママが


「仲直りするならちゃんとごめんなさい言える?」と言うと


白目をむき、かつ唇をひんむいて 「ごめんね~」と言います。


(もうこの時点で、私は口を腕で覆いプシューっとバスのドアが閉まる音出してました。だって稲中の前野みたいなんだもの。)


しかし、ママは慣れっこなので


「ふざけずに言えたら仲直りします。」


と、超冷静。


2人で正座でしばらく向き合っておりました。


甥っ子は下を向いて「ご、ご、ごめ、ごめ・・・」と言いよどみます。


私は(もう、さっさと謝っちまえっ)と心の中でエールを送りました。


そしてついに、






「ご、ごめ・・・・  ごめんくだしゃーいっ




じじ、ばば、私の3台のバスのドアが閉まりました。
(怒られているのに笑ってはいけないのでこらえているのです)


そんな私たちをよそに、ママは


「はい。こんばんはって違うでしょ。」とこれまた冷静にノリつっこみを即返しです。


甥っ子はいいほど自分でウケてから、しょうがね~なという感じで謝り終了。



謝りたくないときに小さい声で「ごめんください」って言ってみたら、ばれるかどうかやってみたい水曜の夜です。











コメント:8 トラックバック:0

2009/03/09(月) 21:13 悪童日記
悪童日記2歳 ~豆腐編~
たまに記事にしますが、2歳の甥っ子の話。


身内が言うのもなんですが、


ホントの「悪」です、この人。


裏に住んでいる姉夫婦。毎日家に遊びにきます。


ある日、夕ごはんの時に甥っ子が全然食べないので姉が聞くと、

「ばあばのおうちでとうふたべた」と言うのです。

「そんなことばあば言ってなかったよ。お電話して聞いてもいい?」

と聞くと

「いいよ、いいよ」と携帯を持ってきて手渡します。


姉が、母に電話し

「お母さんごはん食べさせてくれた?豆腐食べたって言うんだけど・・・」

と言う間、後ろで

「かわって! かわって!」と大騒ぎ。

姉が携帯のスピーカーのボタンを押し、みんなに聞こえる状態にして

から手渡すと、

「もしもし。ばあば?」と甥っ子。

母が、「豆腐は食べてないよね~。アイスは食べたけど。」と

言うと

「きこえないよー。きこえないよー(棒読み)」 ブチっ


電話切りました。


周りが凍ったのは言うまでもありません。


お姉は少なからずショックを受け、保育園のおたより帳にそのことを書きました。

次の日、保育園の先生がそれを読んで大笑いし、甥っ子に

「豆腐食べたって嘘ついたの~?」とストレートに聞いたところ


手をたたいて大笑いしてたそうです。


あいつ・・・。豆腐のチョイスあたりも悪すぎる。(栄養があると知っている)


どうしたもんだか。




コメント:6 トラックバック:0

2009/03/05(木) 20:40 未分類
吉田君のお父さんの話
吉田君の話の次は吉田「父」の話でしょう。


吉田「父」は有名な『原始な男』。


基本的に靴下履かないし(石田純一的な意味では決してない)、

食べ物は腐らないと言い切る。



そんな吉田家。お母様がお亡くなりになられた直後は、男所帯ということもあり、近所の方が夕飯の差し入れをしたり、吉田君の彼女がちょくちょく夕飯を作りに来てくれたりという時期がありました。


ある日、吉田君が仕事を終え家へ帰ると、

「隣のNさんが茶碗蒸しを作ってきてくれたぞ」

と父が言うので、喜んで台所に行くと


火の通っていない生の茶碗蒸しにラップがかかっていたそうです。


吉田君はこれにどうやって火を通すかがわからず、


「これってレンジでどのぐらいやればいいの?」と父に聞くと


「適当でいいだろう。俺は温かくなくていいからそのまま食べた



??? そのまま???どゆこと??

1個だけお隣のNさんは火を通して持ってきてくれた?


そして父の食べ終わった器をみると完全に生の卵液の残りが・・・。



「あれ・・・。あのまま食べたの・・・?」と聞くと


「おう。ブラックタイガーがとろ~っとしておいしかったぞぉ~



そりゃ生だからとろ~っとするわな。(でも解凍後・・・)

鋼の胃を持つ「父」。つおいぜ。






コメント:5 トラックバック:0

2009/03/02(月) 20:50 未分類
吉田君の話
地元の仲間の吉田君。

いつも人物名はAさんとかN子などと伏せていますが、吉田君に限っては、Y君などと書くと調子が出ないので書きます。


今日、職場で酔っ払いの話になった時から、吉田君の事が頭から離れなくなり、ここでちゃちゃっと書いて忘れたいと思います。

お食事中の方はご注意を。


数年前、吉田君は仕事帰りに職場の近くで後輩と飲んでいました。

気持ちよく楽しく飲み、次の店に移動している時、急に便意を催し、

後輩に「先に行っておいてくれ」と伝え、一度職場に戻ってトイレに行きました。


そして、トイレについたら気分も悪くなり、上へ下への大騒ぎになったそうです。

ベロベロに酔っ払っているため、そこに睡魔が加わり、結局職場で眠ってしまいました。



そして店で待っていた後輩が心配になり職場をのぞいたところ、

そこにはドラマや映画に出てくるような

「玄関からベッドまで衣服が点々と脱がれている状態」が。。。


とはいってもベッドも無ければ女優の下着でも無い。


おっさんの上着、ネクタイ、シャツ、ズボン・・・。


後輩は一つひとつ拾い上げながら恐る恐るトイレまで進んだそうです。

そこで衣服は途絶え、トイレをのぞいても吉田君はいません。


そして事務所に続く廊下で後輩は靴を見つけました。


そしてTシャツを拾い、その先に靴下を見つけたときは


「どうかパンツだけは履いていてくれぇ~。頼むぅ~」と心から願い



事務所の電気をつけたところ、




パンツを握りしめた吉田君が全裸で寝ていたそうです。




あ、ちなみに上へ下への大騒ぎの後、証拠隠滅のためにトイレを一生懸命掃除して疲れて眠ったらしく、後輩がトイレを覗いたらピッカピカだったそうです。


証拠隠滅。。 隠さなきゃいけないものまで出ているというのに・・・。


たまに思い出して誰かに話したくなる「吉田君」のお話でした。あ~スッキリした。











コメント:2 トラックバック:0

2009/03/01(日) 20:58 未分類
ドキドキの会合
たまに大学時代のみんなで集まる。

そんなときはドキドキ。

ノリですべてが決まる。

誰かが「たこ焼き食べたい」と言ったが最後。

「大阪行っちゃう?」となるのです。

そのノリのおかげで私たち、時刻表見るのはお手のものになってます。

だからみんなちょっとお金を余分に財布に入れて集合するのです。


へたなこと言えないけど、今日は日曜だから行ったとしても日帰りで行けるとこだなと目論んでいた私。

みんな、明日から普通に仕事あるしね。


そしたら「今日ってもう3月なんだね。」の友達の一言で

「1日じゃん。映画1000円じゃん。」

で、少年メリケンサック観てきました。

私たちにしては、かなり普通な休日で拍子ぬけ。


その後、無料券があるということで「エリック・カール」展見て、デパートぶらぶらして、さあ何か食べるかとなったところで、N子が

「クォーターパウンダーまだ食べてない!」と言ったら、

Tちゃん 「じゃ、東京行く?」

!!!!!!!っっ!!っ


名古屋にもあるあるあるある!!!!

あ~・・・、怖い・・・。

夕方からハンバーガーのためだけに東京行くわけにはいかない。


ずっしりしたハンバーガー食べながら

「よく考えてから発言しよう」と皆で気持ちを新たにいたしました。


そしてなぜかみんなでグリーンジャンボをチャンスセンターで買い、「億はいらない。10万でいい。」と妄想が止まらず、欲しいものリスト作成中の日曜の夜です。















コメント:2 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。