POMO丼
2010/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2010/03


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/02/25(木) 20:24 未分類
間違ってます(*^_^*)
ばれんしあさんのブログ記事からインスパイアされまして…。


※ばれんしあさん、リンク貼れないです…泣



今日は 靴を2度間違えられた話 です。



といっても、昔の話ですけど。



私が通っていた高校は、指定の制服はあるものの、



バッグや靴、上履きからコートまで、すべて自由。



もちろん髪型だってピアスだってOKでした。



だからといって、普通の進学校ですのでヤンキーもいませんでしたよ。



校則で縛れば縛るほど破りたくなるものなんでしょうね。



で、私はその頃、気にいったスニーカーをみつけたのですが、



「これだ~っ!」と思ったカラーのサイズがでかい…



店員さんに聞くと、「このカラーはメンズしかありません」との事。



26センチ…。 でかすぎる…。



私の足のサイズは23センチ。 うお~~~~!!!どないしよ~~!




で、迷った末に、買ったのです



アホって言った?




そして靴ひもをきつく結び、学校に通っておりました。



その後、なんと憧れている話したこともない先輩が同じスニーカーを履いている事が判明っ!



ぎゃお~~~



盛り上がったりしていたある日の帰り。



体育館で部活をしている友達にちょっかいをかけ、さて帰ろうとしたら、



私の小汚いスニーカーがなんだか小奇麗になっている



履いてみても、やっぱり大きい気がする。 どういうこと?



そしたら友達が「あの先輩が間違えたんじゃない?」というのです。



な、なんですと?!



靴下のまま周りを見渡すと、中庭に先輩が。



足元は間違いなく私のスニーカーです。なぜならヒモが特に汚いからです



おそるおそる「す、すみません…」と声をかけ事情を説明すると、



「なんか違うと思ったんだよな~」と爽やか。



ごめんごめん。と、すぐに脱いで私の持ってきた先輩のスニーカーに履き替え、



「本人に謝っといて。」と汚いスニーカーを手渡しながら言ったのです。



私の横で友達爆笑。



「わ、私が本人なんです。だから裸足なんです…



先輩一同ポカン後、爆笑。



その後、ちゃんと説明したところ、少しだけ仲良くなれたのです。



あ~、懐かしい。 




そして、どうでもいい2回目は、またしてもスニーカー。


その頃流行っていた「エアマックス」をはいて銭湯へ行った帰り、


無い。 やられた。


当時、「エアマックス狩り」という蛮行が都会で行われていると話題になっていたので


とうとう名古屋もか…。とため息をついていると、


ひょいひょいと、おっさんが外から入ってきて、


かかとを踏み倒したエアマックスを脱いで、その横のスニーカーを履き出て行きました。


たぶん、自分の車に行く間に気づいて戻ってきたのでしょう。


全然「狩り」じゃありませんでした。ちなみにそれは女子サイズでしたよ。






これを書きながら、強烈な話をいろいろと思い出した木曜の夜です。


また、書~こせ。














スポンサーサイト

コメント:6 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。