POMO丼
2010/02 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/04


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/03/21(日) 20:48 未分類
日間賀島☆どっきり
愛知県の小さな島。



日間賀(ひまか)島にふぐ料理を満喫するために行ってきました。



ふぐは3月いっぱいまでとの事。もうすぐ終了です。



これはいかねば



名古屋から電車で50分弱+フェリー20分で、ハイ到着。



近い!



で、ふぐ。

fugu2.jpg


口取りから始まって、お刺身、たたき、茹でダコ、白子焼き、たこめし、焼きフグ、フグの唐揚げ、茶碗蒸し、鍋。。



全部美味しかった 特に焼きフグと唐揚げ。最高でした。




しか~し!




ただでは済まない、私達の旅





私達が泊まった旅館は料理旅館で、



お昼や夜だけフグ料理を食べにくるというお客さんが多く、



泊まりの客は、私達以外に「2組」。



夕ご飯を食べ終えて部屋でダラダラしていましたが、



お風呂が10時までだったと気づいて慌てて入りに行ったのです。



女湯に入り、脱衣所でなぜか違和感が・・・。



あれ? ここ男湯?」



とりあえず、一旦外へ。 なんとなくドキドキしました。




コンタクトを既に外して、何も見えない友達が、



「なんで?!なにゆえに?」と肩をつかんで聞いてきます。



外の札を確認してもやっぱり「女湯」。



その時、先客が2名程入っているようでしたが、



脱衣所の床にズボンが脱いだままの状態になっており、



(あれ?普通、棚のカゴに入れるでしょう。)と思ってなんとなく違和感を感じたんです。



でも、よく考えたらテンション上がったら、そういう事もあるか。と納得して



再度、中へ。



で、またそのズボンを見たら、脇に脱いだトランクスらしき物が・・・



こりゃ「本格的な違和感」です。



また友達を引っ張り、外へ。



トランクスの事を話すと、「棚のカゴに置いてあった着替えの方は女物だった」と言います。



いつの間に確認したのだ!



最近は可愛い柄のトランクスを履く女子がいるので、どういう柄だったか聞かれ、



赤みがかったエンジ色にゴムがグレーと答えると、



「微妙~!女子じゃないニオイがプンプンする~」と



2人で、あ~でもない。こ~でもないと話していましたが、



しょうがないので、引き返し、



旅館の幼稚園に通うお子さんと遊んでいた仲居さんを発見したので



「あの~・・・」と声をかけたのは良いものの、



なんて切り出せばよいか。



トランクスがあると言って、実は女子だったら、その人がトランクスを履いている事を教えてしまう事になるし、男子とは言い切れないし。



結局、



「わからないんですけど、女湯って本当に女湯でしょうか。」とかなり遠回しに言ったのです。



そうしたら、



「え!? なんでっ!?」と仰天。



しかし、こちらが説明する前に、その仲居さんが



「男の人入ってた?! やだ~!!!」と風呂へ走ります。



私達はその場で待ち、お風呂の方で仲居さんが大きな声で中に声をかけているのが聞こえました。



少し待っていると、その仲居さんが走ってきて説明してくれました。




今日のお客さんで男の人はカップルで来てた一人だけ。

で、そのカップルがお風呂に一緒に入りたいと言ってきたので、

男子がその日一人という事もあり、では男湯にどうぞ。という話になったそうです。

で、そのカップルが「女湯」に入ってしまったと。



あぶね~



結局、私達はその日誰も入っていない「男湯」に入りました。



友達だけだったら、間違いなく入っていたし、なんなら入って顔合わせても気付けないかも。



目が悪いって恐ろしい。。



私達はそんな事を気にするお年頃じゃないので、ネタゲットにほくそ笑んだわけです。



朝、鯛飯ならぬフグ飯を土鍋から3杯目をよそっていた時に、



女将さんが謝りにきてくれた時も2人でポカンとして「なんだっけ?」となり、



自分達の物忘れの激しさに少し動揺しました。





帰りにフェリー乗り場近くのお土産物屋さんに行き、



そこのおばさんが最高で、佃煮屋さんなのに、



コーヒーやパンをどんどん裏から出してすすめてくれるのです。



爆笑しっぱなし。いいわ~、あの島。



そしてなぜか、老いも若きもみな「ノーヘル」。



いいんでしょうか。



ばあさんもヘルメット無しで風をきりながら原付を飛ばし、



こども、父ちゃん、こどもと3人乗りで、みなノーヘル。



以前、バリ島に行ったときもそうでしたが、日本も島はそうなんでしょうか。



警察はいないのか?



不思議で楽しい体験でした。



みなさんも、是非どうぞ。

tako2.jpg







スポンサーサイト

コメント:4 トラックバック:0

2010/03/16(火) 20:04 未分類
言いまつがい。
うちのおかんはドライフラワーで雑貨を作るのが趣味です。



実家に帰ると、目をギランギランさせて作成に勤しんでおりました。



「気合い入ってるね~」というと、








「私、これ作ってるとポリフェノール出まくるの~!!」




と、どや顔




川島なおみか。」のツッコミにも、ポカンとしておりました。



カタカナ表記のものは、たいてい「言いまつがえてる」ので、これからは忘れないように覚えてネタにしようと決めた火曜の夜です。


コメント:7 トラックバック:0

2010/03/12(金) 22:55 未分類
化粧の威力。
先日何人かと飲んでいた時の事です。



いろいろな話題で盛り上がっておりましたが、



一人の男子が、「女子の化粧」の話をしはじめたわけです。



「男子がいなければ、女子は化粧しない。男を意識しなければ楽になれるはずだ。」



一瞬、そうか。とも思いましたが、



やっぱり、どう考えても



男子がいようがいまいが、オシャレもするし化粧もすると思うな~。



はっきり言って、男子の目よりも女子の目の方がよっぽど気になります。





化粧をした事がなかった学生時代はもちろんノーメークで余裕でしたが、



もうお肌の曲がり角を過ぎまくった今となっては、



もし風呂を覗かれたとしても、身体を隠さず顔を隠したい勢いです。



化粧ってすごい。



男子はノーメークで勝負しなくてはいけないので、なかなか大変ですよね。





というわけで、



「ノーメークで入国審査は通らないかもしれないね・・・」と



遠まわしにグリっとえぐられている金曜日のPOMOです。











コメント:4 トラックバック:0

2010/03/01(月) 22:57
いちご。
イチゴ狩りに行こうと思ったんです。



友達が「何軒かお薦めの場所がある。」と言うので、予約の電話をしてもらったところ



すでに全てが満員。



「水っぽいイチゴなんてたくさん食べたくないやい!」と



他の空いている場所では嫌だと女王が言い張るので、



良いイチゴをたくさん買って、イチゴスイーツを満喫する事に路線変更。



でも、イチゴスイーツったって、たいして思い浮かばない。



そのまま食べるのが一番美味しい気はするものの、いろんな味でも楽しみたい。



で、結局「クレープ」と「いちご大福」を作る事にしました。




「あまおう」を3パック買って、つまみながらの作業です。



「うまっ!」 「うまっ!」 「うっっまっ!」



あまおう…。うますぎるぜ。




クレープは今まで何回も作った事がありましたが、いちご大福は初挑戦!



楽しみ~☆



しかし意外と簡単にできましたよ。



材料も、白玉粉、水、砂糖、こしあん、いちご。 以上!



できあがりはこんな感じ。
大福







いちご狩りって入場料1500円程払う訳ですが、私的にすぐにお腹がいっぱいになってしまうのです。



その変わり、獲りたてをみんなで食べるという大きな楽しさがあるので、充分元は取れていると思います。



が、



1000円も払わずにイチゴを充分楽しむという手もあるという事を知り、



来年から選択肢が広がりました。



いちごが甘いうちに、もう一度「いちご大福」作ろうと思っている月曜日の夜です。














コメント:5 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。