POMO丼
2010/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/10/20(水) 20:33 未分類
本の「解説」って必要?
私にとってこれって必要?と頻繁に思うものは、



本の最後についている「解説」です。



流れで最後の解説まで読み進めるものの、「いらね。」と思ってしまうのです。



それはたぶん、たいていの解説がつまらないからだと思います。



中学生の読書感想文を手抜きで書かせるためのように



だらだらと説明してある物が多くないですか?



あれって、何でですかね。



解説というからには、本の内容を説明しなくてはいけないのでしょうが、



読むたびに「つまらん…。」と思わせられます。



そんな中、たまに素敵な解説に出会うと、



その本の中身までより良く思えたりもします。



その中のひとつが、西加奈子(にし かなこ)の「しずく」の解説です。



文筆家の「せきしろ」さんという方が書いてらっしゃるのですが、



最後の最後に少し本の内容とからめてオチをつけているものの、



作者の人となりを書いてあり、「へ~、西さんてそういう人なんだ」と



身近に感じられる、読みやすい解説なのです。



せきしろさん。



全く存じあげませんでしたが、気になる存在になりました。



読書感想文の『ズル』は全くできそうにない解説ですが、
(というより、この本が学校指定図書になるとは思えない)



こういうのがどんどん出てくればいいなと思う、クライマックスシリーズを見ながらの水曜の夜です。


















スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。