POMO丼
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/11/21(金) 23:20
POMOの本棚より
私の本棚にある、おすすめの本をご紹介。


今回は、西加奈子 「きいろいゾウ」 (小学館)です。


       きいろいゾウ


物語は田舎の自然の中で暮らす夫婦のお話。

あ~、こう書くとものすごくつまらなそう。違うんです。うまく伝えられない自分が悔しい。


優しくて大きくて純粋な「ムコ」さんと、自分の世界を持って自分らしくいきる「ツマ」。

前半は、個性的なご近所さんとのエキサイティングな毎日が続きます。
(個人的には東京から来た、登校拒否の大地が成長していく過程が好き。)

しかし後半にいくにつれて、人間の暗い部分がうねりのようにやってきて悲しみも襲います。

それでも、人生っていいものだとはっきり感じられる大好きな作品。

そこらへんにあるベタな恋愛小説は苦手だけれど、これはでっかくひっそりとした愛の物語です。

何回読んでも、最後のページで心がほっこりしてあったかな気持ちになれるのです。




今、この本は私の友達に順番に回っています。
(注:女子にしか貸した事はないので、男子が面白いと思ってもらえるかは疑問・・・)

あ~、書いてたら読みたくなってきたっ~~!!







スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

菅野よう子とマクロスF 「モーニング」に何つける?
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。